携帯電話関連Topic
[Archive]





グーグル、700mhz帯競売に入札へ--狙いは携帯市場か
Googleは米連邦通信委員会(FCC)の700MHz無線周波数帯の競売に入札を申し込む意向であると発表。Googleなどのインターネット会社は、キャリアが携帯電話業界を支配しているために市場を無線領域に広げることを阻まれてきた。現在、米国の消費者は ...
CNET Japan - 2007年12月4日

法人向け携帯電話市場、音声通話以外のソリューションが拡大
矢野経済研究所は携帯電話の法人市場に関する調査結果を発表した。2006年度の「法人向け携帯電話ソリューション市場」は2365億円と推計された。また、法人市場における携帯電話は、音声通話としてだけでなく業務効率化のためのツールとして様々な ...
マイコミジャーナル - 2007年11月2日

ソフトバンク/イー・アクセス連合、モバイルWiMAX事業構想を発表
2.5GHz帯のモバイルWiMAXを利用した広帯域無線アクセスシステム(BWA)の事業化を図り、ソフトバンクとイー・アクセスが軸となり設立したオープンワイヤレスネットワークは、事業免許を総務省に申請。免許を獲得できた場合の事業戦略・計画を明らかにした ...

マイコミジャーナル - 2007年10月15日

端末補助金の有無で基本料に差・KDDIが新販売方法を導入
端末補助金ありで現行の料金プランを適用するフルサポートコース、端末補助金なしで現行より低廉な料金プランを利用できるシンプルコースの2種類を用意。11月12日以降はauの携帯電話を購入(新規契約・機種変更)する際にいずれかを選択する必要がある ...

ITpro - 2007年10月4日

儲からない免許で争奪戦
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話キャリア3社は、携帯電話の高速化、次世代携帯電話の開発を進めている。二重投資に陥るリスクもある。 それでも携帯大手3社が免許を欲しがるのはなぜか。各社が取り組むデータ通信事業の現状にヒントがある
...
日経ビジネスオンライン - 2007年10月1日

携帯電話「端末価格明示を」 総務省研究会が最終報告
市場の競争促進を目指す総務省のモバイルビジネス研究会は、電話機の価格と月々の通信料の区別があいまいな今の販売手法の改善を求める最終報告をまとめた。料金を透明にすれば、利用者や接続先の携帯会社が払う通信料が下がると期待している ...
朝日新聞 - 2007年9月18日

WiMAXか、次世代PHSか? 次世代無線サービスの行方
9月10日から2.5GHz帯電波利用の新しい高速無線サービス(BWA)の事業免許申請を受付。全国エリアでサービスを行う事業者2社に移動体通信サービス、地域単位でサービス提供する事業者DSLや光ファイバを補完する固定通信の新インフラとして利用される見通し ...
ITmedia - 2007年9月8日

携帯電話の留守電利用割合 男性は約6割、女性は約5割
MM 研究所は、「携帯電話の留守番電話サービスに関する利用動向調査」結果レポートを公開。留守電サービスについて、「利用している」回答が男性62.8%、女性52.5%。女性よりも男性の方が利用者割合が高い。男女ともに年代を追うごとに利用者割合が高く ...
インターネットコム - 2007年9月6日


正式サービス開始をにらみ モバイルWiMAXに熱視線
2007年7月18日から20日にかけて開催された「WIRELESS JAPAN 2007」では、携帯電話キャリアやベンダが目指す次世代モバイル通信の一端をかいま見ることができた。中でも、固定ブロードバンド通信並みのスピードを安価に提供できるとして注目を浴びている ...
@IT - 2007年8月12日

中国通信業界の改革の鍵は3Gライセンス
第3世代(3G)携帯電話の無線規格が広く採択されていることにアナリストたちは明るい未来を見出している。そうした中、中国政府はこの技術のライセンスを同国の主要電気通信会社に供与し、それを現在急務とされている同国業界内の改革におけるインセンティブとして役立て ...
EDN Japan - 2007年7月27日

携帯電話で好きなメーカーは? 日本ブランド戦略研究所アンケート調査
日本ブランド戦略研究所が「携帯電話の機種およびキャリア変更の動機」について全国のインターネットユーザーにアンケートを行い、100名から回答を得た(調査期間は2007年6月13〜14日)。 アンケートで携帯電話の機種変更で重視する点を尋ねたところ、「デザインが好みか ...
MarkeZine - 2007年7月11日

業務用の「フェムトセル」、NTTドコモが2007年秋に商用化
NTTドコモは、携帯電話基地局からの電波が届かなかった場所でも通話を可能にする超小型基地局を2007年秋に商用化する。業務用として,ビルの高層階や地下街における商店,オフィスなどへ展開する。超小型基地局は専用のIPネットワークを介して携帯電話網と ...
nikkei BPnet -2007年7月10日

携帯業界壊す黒船「iフォン」
携帯電話とデジタル音楽プレーヤー「iPod」が一体となった米アップルの「iPhone(iフォン)」を求める消費者と、その熱狂ぶりを伝えるメディアで溢れ返る。 午後6時、発売開始。ハイタッチやハグをして黒いTシャツを着た店員と喜びを分かち合う客。スーパースターのような ...
日経ビジネス オンライン - 2007年7月8日

富士通「らくらくホン」1000万台突破 シニア層のハートをとらえる
富士通がNTTドコモ向けに製造する通話やメールなど機能を限定した携帯電話「らくらくホン」がシニアに人気で、累計販売台数が2007年5月31日に1000万台を突破。同社は01年11月に初代らくらくホンを投入し、4年後の05年秋には累計販売台数が500万台を突破した。 ...
J-CASTニュース -
2007年7月8日

携帯電話のビジネスモデルを見直しへ,端末とサービスの会計分離などを推進
総務省の「モバイルビジネス研究会」は6月26日に携帯電話事業者が採用しているビジネスモデルの見直しに関する検討結果をまとめた報告書案を公表した。同研究会は,日本と外国との携帯電話のビジネスモデルの違いを調査し,最終的に国内ユーザーの利便性を向上 ...
ITpro - 2007年7月2日

ドコモは強気、KDDIは控えめ・07年度のデータARPU予測
2006年度の国内携帯電話事業の業績を見ると、KDDIが増収増益を続け依然好調を持続。ボーダフォンを買収したソフトバンクモバイルもボーダフォン時代より業績を回復させて元気だ。一方、NTTドコモは、06年10月末から始まった番号ポータビリティ(MNP)の影響で ...
日本経済新聞 - 2007年7月1日

携帯電話向けに3割配分、地デジ移行後の空き周波数帯
空きとなる計130メガ・ヘルツの周波数幅のうち、携帯電話向けに最も多い40メガ・ヘルツ幅を割り当てる。 携帯電話向けの周波数帯は、電波が遠くに届きやすく、基地局建設の投資負担も減る可能性が高い。また、画像や動画配信などのサービスがやりやすくなり、 携帯...
読売新聞 - 2007年6月27日

イー・モバイルとソフトバンク、WiMAX 事業免許取得に向け協力
また、これまでの WiMAX を使った携帯電話ビジネスモデルとはまったく異なる、「WiMAX を使った新しいビジネスモデルの検討」を並行して行っていくとしている。 この新しいビジネスモデルに関して「特に、オープンで水平分業モデルの実現、あるいは MVNOモデルの ...
インターネットコム - 2007年6月22日

アッカ、WiMAXのための事業企画会社を設立
資本金の規模は3億円。総務省からの事業免許を取得した場合は、事業会社に移行する予定だという。 総務省の免許方針案では、既存の携帯電話事業者の参入規制を示されており、アッカ・ネットワークスとウィルコムが交付先として有力視されて ...
ITmedia - 2007年6月21日


KDDI、トランシーバ感覚で利用できる法人向けコミュニケーションサービス
E03CAでは、サイドキーを通話ボタンとして利用できることから携帯電話を閉じた状態で音声通話も行える。 利用料金は、1ヶ月で合計400秒までの通話の場合で月額105円、以降4秒ごとに1.05円となっている。1ヶ月の上限金額は2625円となっており上限金額以上の負担 ...
Enterprise Watch - 2007年6月21日

MNP実態調査、重視するのは“料金”--ブランド総合研究所
ブランド総合研究所は6月20日、MNP制度スタート以降の携帯電話の乗り換え実態に関する調査を実施、結果を発表した。 調査によると、乗り換え者数はMNP制度を開始した10月24日以降、12月までは増加したものの、1月、2月は減少、その後3月に増加し、再び減少 ...
CNET Japan - 2007年6月21日








携帯電話・モバイル通信基礎情報
 Copyright (C) 2010 P-MOBILE. All Rights Reserved.